コレクション: 地球歴2057年(earth 2057 A.D)



2025年 露宇戦争が数年続いた後世界戦争が全大陸で起こった

対立する2つの主要なブロックはアメリカ合衆国と歴史的同盟 西のイギリスとイスラエル 東のロシアと中国2027年 2年間にわたる戦争の後 アメリカ大統領と西ブロックの各首相は戦争が終結することを期待し ロシアと中国に核ミサイルを発射する事を決定した

ロシアの対ミサイルシールドにより
ヨーロッパ上空のミサイルは無力化されたが大部分は投下された
ロシアは即座に 3発のミサイルを放ち北米のほぼ全域を破壊した 次にロシアはイスラエルを破壊し武器を放棄しなければ同様の制裁を行うとイギリスを脅した
戦争は 2 0 2 9年に終結したが大多数の国は放射線によって基大な影響を受けた
生き残った少数の人類は世界中でコミュニティを再建しようとしていた しかし生態系への影響がその任務を困難にしていた
戦争終結から25年後 放射線の影響により生き残った動物種に重大な遺伝子変異が起き新種が出現した
生き残った人類が再構築しているコミュニティーが新種の巨大生物によって壊滅されるので人類は戦うことを選択した
ロシア軍だけが唯一の戦間可能な軍であった為軍用車両の残骸を利用して人間が操縦できるロボットを開発した
数人の技術者と科学者がロシアで出会い1950年にOKB-155設計事務所の依頼でエンジニアのミコヤンとグレビッチが設計した設計図がロシアの軍事施設の廃城で発見された それを使用して戦間ロボットが開発された
ジャングル 砂漠 海 空 山 雪など あらゆる地形で巨大生物と戦うのに適していた戦開ロボットは M. I . G 5 7 R B と名付けられた
現存する世界の全ての国は 復興中の人間社会を脅かすこれらの生物と戦う為に独自のパイロットを訓練している